TAG オーバーデンチャー

欠損の流れ【10】

~流れにさからわないという戦略~ 10歯以下になって上下ともに中央に残存した形態は、安定しており欠損の流れは穏やかなものとなります。しかし決して止まったわけではありません。そこからの10年、患者さんが80代に入ってからの…

欠損の流れ【再⁹】

~はずせない義歯、はずさない義歯~ 80代の患者さん。これまで上手にはずせていた義歯が徐々にはずすことが難しくなってきました。ご家族の協力度も必要になってくるわけですが、定期的なプロフェッショナルケアの際に一週間ちかくも…

欠損の流れ【再⁸】

~メインテナンスをできない、させてもらえない~ ●65才以上の8%のひとが通院したくてもできなくなる。 ●口を開けてくれない(原始反射)要介護の方は口腔ケアができない。 ●入れ歯が合わなくなったという訴えは運動障害による…

欠損の流れ【再⁷】

~口腔ケアの実際~ 6年前の歯科雑誌の切り抜き。時代はまだ林立するインプラントケ-スが誌面を賑わしている中、毛色のちがう特集記事に衝撃をうけました。編集部内で意見の整合性がとれているのか逆に心配になったくらいです。それを…

欠損の流れ【再⁶】

~歯ノナイシアワセ~ 人生100年時代に向けて「歯のない幸せ」という金子一芳先生からの問題提起がありました。 歯のないところに幸せはあるのでしょうか・・・。この話題は深すぎるため棚上げにし返信できないままでいます。 &n…

欠損の流れ【再⁵】

セメント溶解、歯冠歯根破折、動揺度の増加。7番の自然脱落にひきずられて見かけ上の安定だったことが顕在化しました。それまで一次固定の期間中は歯を1本も失ってないので欠損の流れはゆるやかなものにみえたかもしれません。しかし高…

欠損の流れ【再⁴】

欠損の流れが急激な状態からゆるやかなものになったと何を基準にして判断すればいいのでしょう。欠損が拡大中の口腔内で、例えば一定期間歯牙を失わなかったら安定したととらえていいのでしょうか。せき止めていたものが個別の条件の変化…

人☆物探訪⑥

金子先生に質問にする際にはその質問が的をえているかどうかをまず相談してからすることにしています。お伺いをたてるのは熊本の永田省蔵先生です。永田先生はひとつの症例に対して非常に懇切丁寧に熱く語ってくださいます。何より嬉しい…

高齢に伴う変化④

79才女性。 動揺の残る前歯をいかした二次固定の義歯を上顎にいれました。徐々に動揺はおさまり義歯の安定にも役立つようになりました。しかしある時期をさかいに歯肉の炎症がめだつようになり、動揺の再発した歯から順に外冠を根面板…

高齢に伴う変化③

ところが静かな変化が生じていました。インプラントはときに欠損の流れを止めることが可能ですが、口腔内の加齢変化まで止めることは難しいようです。徐々に顎堤が舌側から吸収を開始しインプラント周囲の歯肉の状況が変わってきています…