TAG 高齢者の歯科治療

最後の一本となった歯に対する思いと高齢化②

『歯が抜けたから、今から行ってもよろしいか!?』 突然の電話に驚きましたが、口腔内では歯冠歯根破折が起きていました。ここ数年根面カリエスと対峙してきたのである程度予測はしていましたが、今年にはいって気になっていたのはこれ…

最後の一本となった歯に対する思いと高齢化①

2011年に記した旧ブログからの一コマ。63才男性。「ぐらぐらしているのでもう抜いちゃってください。」と指さした右下の犬歯に対する思いは年々変わっていきました。いつの間にかお互いの共通の目標となった犬歯の保存は定期検診の…

顎堤②

パノラマX線写真を見る時、顎堤形態と残存歯の支持組織の状況は治療計画をたてるうえでの判断材料となります。ともに良好であれば動かない義歯を制作することに期待がもてます。義歯が動かなければ顎堤の吸収スピ-ドはおさえられ、それ…

よりそうって何だろう.3

「この人は先生の前だとしっかりするんです。家では全く磨かないし口の中もさわらせてくれないんですよ…」というような介護者の発言をうけるとその疲弊度と意思疎通レベルとのギャップにますます混迷します。 そんなとき地…

一本の歯の重み

ある方が院内で写真を撮ってツイッタ-にあげるとなかなかの反響があったと教えてくださいました。一本の歯の重みは天秤にかけるものによって変わってくるのでしょうか。

欠損の流れ【19】

内科を受診すると受付で「安静にしてくださいねー」と声をかけられました。そうしたいのは山々ですが明日も朝から仕事です。 口腔内でも支持組織が弱体化した歯牙に支台歯として働いてもらわなければいけない局面にたびたび遭遇します。…

欠損の流れ【18】

歯根破折をおこした大臼歯の手前の小臼歯には垂直的な動揺がありました。自然移動に時間をかけると歯根膜量の多い遠心側に寄り添うように延出。二次固定効果もあり動揺は全くなくなりました。残存歯の多くが歯冠歯根比が逆転しているよう…

欠損の流れ【17】

~シングルデンチャ-の段取り~ 左右対称の馬蹄形の顎堤は吸着を期待できます。連続性が保たれ上顎結節にボリュ-ムがある場合は特にです。しかし対顎の残存歯の配置にもよりこれがなかなか望めません。 ①前歯部がフラビ-状態のもの…

欠損の流れ【16】

~レジン外冠~ 周囲の骨がなく動揺度の大きい欠損隣接歯。そんな予後が不安な歯牙を支台とする際には今までもレジン外冠を使うことがありました。二次固定効果を期待しながらも強すぎない適合が必要と判断したからです。もちろん費用を…

欠損の流れ【15】

先日の名古屋もくあみ会では、高齢者への対応を考えるうえで症例を持ち寄り何とかヒントを見出そうとする模索の議論が続きました。そんな中、ふたつの策が頭に残りました。